SUCCESSSTORY
知財転職事例

知財転職 CASE 02|男性40歳台前半の方の場合

  • 男性
  • 40歳代前半、著名国立大学・大学院を経て、大手メーカー開発、特許事務所、大手メーカー知財部にて経験を積む。海外赴任の経験もあり、英語力はビジネスレベル
  • 弁理士資格を有し、権利化および知財戦略まで幅広い実績を有するスペシャリスト。現在は某大手外資系企業のIPマネージャーとして活躍中

転職経緯およびコンサルティング

某国内大手メーカー知財部のミドルマネージャーとして順調にキャリアを積んでいたが、昇給・昇格のスピードが遅く、マネジメントを含めたより高いレベルのポジションへの転職を模索。そのタイミングで弁理士・知財領域に強みを持つ当社に登録いただく

実績・スキルとも申し分なかったため、ご本人の希望するエグゼクティブポジションを複数提案。日本およびアメリカ本社での面接(渡米)を難なくこなし入社に至る

転職成功のポイント、本人の感想

ハイキャリアな候補者に相応しいポジションを提案できたこと。

タイトル・ポジションはもちろんのこと、特に年収は大幅にジャンプアップ。知財部門の責任者としてご活躍で、大変喜んでいただきお決めいただきました